ここから本文です

シンガポール航空、ツーリズムEXPO出展 A350のVR体験コーナーも

Aviation Wire 9/20(火) 12:41配信

 シンガポール航空(SIA/SQ)は、9月22日から25日まで東京ビッグサイトで開かれる「ツーリズム EXPO ジャパン 2016」に出展する。

 場所は東展示棟1ホールのアジアエリアA-52ブース。シンガポール政府観光局と並んで出展し、プレミアムエコノミークラスシートの体験コーナーを設け、最新鋭機材エアバスA350-900型機の客室もVR(バーチャルリアリティー)で体験できる。

 また、期間限定の航空券やツアー商品を当日購入した人には、オリジナルポーチと風呂敷のセットをプレゼントする。ポーチはシンガポール航空の客室乗務員の制服デザイン「サロンケバヤ」をモチーフにした。

 ツーリズムEXPOは、22日と23日が旅行業界関係者向けの展示で、24日と25日が一般公開日となる。前売券は大人1100円、学生600円、当日券は大人1300円、学生700円。

 シンガポール航空は、A350-900を67機発注。今年3月2日に初号機(登録番号9V-SMA)を受領した。A350を受領した航空会社としては5社目で、アジアではベトナム航空(HVN/VN)に次ぎ2社目となった。

 座席数は253席で、ビジネス42席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー187席で、長距離路線に投入している。

 また、10月23日から成田経由で運航しているシンガポール-ロサンゼルス線の機材を、現在のエアバスA380型機からボーイング777-300ER型機に切り替える。機齢の若い機材を導入することで、日本路線のサービス向上を狙う。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/20(火) 20:28

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。