ここから本文です

Alva Noto、Byetoneらが出演、ラスター・ノートンが設立20周年を記念したジャパン・ツアーを開催

CDジャーナル 9/20(火) 17:17配信

 1996年以来、電子音楽を象徴するレーベルのひとつとして多くのリスナーを魅了してきたドイツのレーベル、「raster-noton(ラスター・ノートン)」が設立20周年を記念したジャパン・ツアーを11月に東京、大阪、京都の3ヵ所で開催します。

 出演は、同レーベルの2トップであるalva notoとByetone、To Rococo Rotのメンバーであり、ベルリンでもっとも影響力のあるアーティストの一人Robert Lipokk、中毒性の高いミニマルな世界観で魅了するフランスの音響詩人Anne-James Chatonの4名。Alva NotoとByetoneは日本初披露なるライヴ・セットを披露します。

 さらに、東京公演では今年日本に初上陸するカナダ・モントリオール発祥のオーディオヴィジュアル・アートと電子音楽の祭典〈MUTEK〉でレーベル・ショウケースを開催。上記の4名に加え、エクスペリメンタル・ライヴ・セットを行なうロシア人アーティストDasha Rushと、ラスター・ノートンよりフル・アルバムのリリースを控える日本人アーティストUeno Masaakiの出演が決定しています。

最終更新:9/20(火) 17:17

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]