ここから本文です

カンタス航空、成田=メルボルン線を12月16日に就航

レスポンス 9/20(火) 8:11配信

カンタス航空は、成田=メルボルン間のデイリー直行便を12月16日に就航すると発表した。

機材には改装した「A330-300」を使用する。2クラス制、座席数が297席となる。

カンタス航空では、2015年に羽田=シドニー、成田=-ブリスベン路線に就航したが、新路線を加えることで、カンタスグループであるジェットスターの日本国内線ネットワークや、カンタスグループのニュージーランド路線などへの乗り換えを拡充する。

日本からオーストラリアへの渡航者は2016年6月期が17%増加している。また、オーストラリア人の日本への渡航者数は2015年で24%増と急増している。

カンタスとジェットスターは、今年12月~2017年2月のホリデーシーズンの間、成田=メルボルン間を運航する。ジェットスターによる路線のフライトは2017年2月25日付けで休止となる予定。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/20(火) 8:11

レスポンス