ここから本文です

本田珠也 × BLAHMUZIKのジョイント・ライヴが再び開催決定 会場は下北沢Apollo

CDジャーナル 9/20(火) 17:17配信

本田珠也 × BLAHMUZIKのジョイント・ライヴが再び開催決定 会場は下北沢Apollo

本田珠也 × BLAHMUZIKのジョイント・ライヴが再び開催決定 会場は下北沢Apollo

 先日発売となった熊本地震のチャリティCD『SHINJYUKU MADNESS 新宿マッドネス』に吉田美奈子、日野皓正らと共に参加しているジャズ・ドラマーの本田珠也と、今秋発売を予定しているWDsoundsのリミックス・アルバム『5014CompMostWANTED-revisit-』にソロ名義で参加し、GRIM TALKERS名義ではPAYBACK BOYSとの“VS”音源「KILLS」を提供しているサンプラー・アーティストBLAHMUZIKによるジョイント・ライヴが再び開催決定。10月15日(土)に東京・下北沢 Apolloで行なわれます。本公演は“投げ銭”(バー・チャージ800円)で、ステージへの対価を来場者が決めるカンパ制。

 5月に行なわれた前公演同様にフライヤー・アートは、ANUSTES、TKC ARTWORKS、SADAM YOSHIZAWA、SHUNSUKEという4人のアーティストを迎えた「TREMATODA ZINE Vol.2」を先日発表した“TREMATODA ULTRA VIOLENT ART BRIGADE”こと「TREMATODA」主宰MARONASTY(yealo.jp/art/maronastyyealo.jp/art/maronasty)によるもの。常に歩みを止めることなく創作活動へとまい進する2人を、アンデッドなキャラクターとして表現しています。

最終更新:9/20(火) 17:17

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]