ここから本文です

シューマッハ家と週刊誌の裁判が開始「シューマッハは歩けない」と弁護士

TopNews 9月20日(火)17時56分配信

ミハエル・シューマッハの家族がドイツの週刊誌に対して損害賠償を求めた裁判が始まった。

●“ミハエル・シューマッハの状態”今後も開示するつもりはないとマネジャー

7度のF1王者であるシューマッハは、2013年末のスキー事故で頭部を負傷して以来、自宅療養が続いており、その回復状況については明らかにされていない。

この裁判は、ドイツの週刊誌『Bunte(ブンテ)』が、シューマッハが「再び歩く」と題した記事を掲載したことに対して起こされたとドイツの『Meedia』が伝えている。

シューマッハのマネージャーであるザビーネ・ケームは、この記事を否定する声明を2015年12月に出している。

ハンブルクの裁判所で、シューマッハ家の弁護士フェリックス・ダムは、虚偽の記事による損害賠償として10万ユーロ(約1130万円)を支払うよう求めた。

「彼は歩けない」とダムが法廷で話したと伝えられている。

損害賠償が認められる可能性は高いと裁判官も話しているという。判決は10月に出る見通しだ。

最終更新:9月20日(火)21時4分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]