ここから本文です

<台風16号>西日本で猛烈な雨の恐れ 厳重な警戒呼びかけ

毎日新聞 9月20日(火)5時28分配信

 強い台風16号の影響で、20日は西日本を中心に猛烈な雨が降り大荒れとなる見込み。気象庁は、浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼びかけている。

【写真特集】台風16号 列島、厳重警戒 各地の様子

 台風16号は、20日午前4時には宮崎市の東南東約40キロにあり、時速約30キロの速さで東北東へ進んでいる。中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風16号は、20日は西日本や東日本の太平洋沿岸を進み、21日には温帯低気圧に変わる見込み。21日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、近畿300ミリ▽四国、東海250ミリ▽伊豆諸島200ミリ▽北陸180ミリ▽関東甲信150ミリ▽九州南部、九州北部、中国100ミリ。【デジタル編集部】

最終更新:9月20日(火)10時20分

毎日新聞