ここから本文です

ISの戦闘員補充、トランプ氏が手助け=クリントン氏

ロイター 9月20日(火)4時10分配信

[ホワイト・プレインズ(米ニューヨーク州) 19日 ロイター] - 米大統領選挙の民主党候補のヒラリー・クリントン氏は19日、共和党候補のドナルド・トランプ氏の発言が宗教対立の口実として利用されており、トランプ氏は過激派イスラム国(IS)による戦士のリクルートを手助けしていると批判した。

クリントン氏は、元米中央情報局(CIA)長官のマイケル・ヘイデン氏の発言を引用する形で、ISはトランプ氏の言葉を利用して戦士を引き寄せているとした上で「ISはこうした状況を対イスラム戦争へと結びつけようとしている」と語った。

これに対し、トランプ陣営は、オバマ大統領にイラクからの米軍撤退を思いとどまるよう説得できなかったのは当時国務長官だったクリントン氏本人であり、不穏な状況を招いた責任の一端はクリントン氏にあると反論した。

ニューヨークとニュージャージー州では17日から18日にかけて爆発や爆発物の発見が相次いだ。またミネソタ州のショッピングモールでは17日、ナイフを持った男が複数の買い物客らを次々と刺し、警官によって射殺。その後ISが犯行声明を発表した。来週26日には両大統領候補による第1回目の討論会が予定されており、治安問題が焦点の一つとなりそうだ。

最終更新:9月20日(火)4時10分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。