ここから本文です

700人に長寿の祝い 下田市敬老会

伊豆新聞 9月20日(火)14時10分配信

 下田市は「敬老の日」の19日、四丁目の市民文化会館で「敬老会」を開いた。市内の75歳以上の人を招待し、約700人が出席。米寿(88歳)の人と80歳以上の夫婦への記念品贈呈があり、福井祐輔市長が代表者へ手渡した。ものまねや漫談の演芸会、下田ライオンズクラブ主催の抽選会も催した。

 本年度の招待者は4812人。居住地別に午前と午後に分けて実施した。米寿は204人、80歳以上の夫婦は75組で、それぞれ箸やめおと茶わんなどを贈った。代表者には花束も渡した。

 福井市長は「高齢者の皆さんが住み慣れた土地で安心して暮らせるよう、高齢者福祉を増進していく」とあいさつ。市老人クラブ連合会の梅田弥祐会長は謝辞と併せ「健康や事故、独り暮らしなどについて話し合いをしている。迷惑を掛けず、助け合って生きてきたい」と話した。

 【写説】福井市長(手前)から花束を受け取る80歳以上夫婦代表者=下田市四丁目の市民文化会館

最終更新:9月20日(火)14時18分

伊豆新聞