ここから本文です

大坂、土居との日本人対決を制し2回戦進出 パンパシフィック・オープン

AFP=時事 9月20日(火)9時43分配信

【AFP=時事】女子テニス、東レ・パンパシフィック・オープン(Toray Pan Pacific Open 2016)は19日、シングルス1回戦が行われ、主催者推薦で出場の大坂なおみ(Naomi Osaka)は、土居美咲(Misaki Doi)との日本勢対決を6-4、6-4で制し、2回戦に進出した。

【写真】土居との試合でリターンを打つ大坂

 ハイチ出身の父と日本人の母の間に生まれ、セレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)に憧れているという18歳の大坂は、「接戦でしたが、正直に言いますと、プレッシャーは彼女(土居)にあったと感じました」と話し、「重圧はまったく感じなかったので、緊張もしませんでした」と語っている。

「この大会の本戦で勝ったことはなかったので、この勝利はとても特別です」

 時速約200キロのサーブを誇る世界ランキング66位の大坂は、2回戦でドミニカ・チブルコバ(Dominika Cibulkova、スロバキア)とルーシー・サファロバ(Lucie Safarova、チェコ)の勝者と対戦する。

 一方、リオデジャネイロ五輪金メダリストのモニカ・プイグ(Monica Puig、プエルトリコ)は、バーバラ・レプチェンコ(Varvara Lepchenko、米国)を6-0、6-3で退け、リオ五輪決勝以来の勝利を収めた。

 プイグはリオ五輪決勝でアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber、ドイツ)を破り、プエルトリコに史上初の金メダルをもたらしていた。

 1回戦を制したプイグは「1勝は1勝です。とにかく、シーズンを良い形で終えることと、良いテニスをすることを心がけています」とコメント。「五輪以降はとてもクレイジーで感情的だったから、落ち着いて、もう一度テニスをすることができて、気分が良いです」

 現在世界ランク33位のプイグは、全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2016)では初戦敗退に終わっていた。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月20日(火)14時37分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]