ここから本文です

記念大会の王者はD・ジョンソン? R・マキロイ? P・ケーシー?

ゴルフ情報ALBA.Net 9月20日(火)18時5分配信

 いよいよ今週、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ最終戦の「ツアー選手権」が開催される。プレーオフが導入されて今年で区切りの10年目。海の向こうでは写真のようなフィギュアも制作して盛り上げを図っているが、皆さんはこれまでのチャンピオンを全員言えるだろうか。

松山英樹の強さの秘密を探る 連続写真でスイング分析

 
 パッと答えられるようなら、よほどのPGAツアー通。正解は下記のように左から年代順だ。

2007年 タイガー・ウッズ(米国)※1位
2008年 ビジェイ・シン(フィジー)※7位
2009年 タイガー・ウッズ(米国)※1位
2010年 ジム・フューリック(米国)※11位
2011年 ビル・ハース(米国)※15位
2012年 ブラント・スネデカー(米国)※19位
2013年 ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)※9位
2014年 ビリー・ホーシェル(米国)※69位
2015年 ジョーダン・スピース(米国)※1位

 より盛り上がる方法を模索し、ポイントのリセットタイミングなどが変更されてきた10年だったともいえる。特に、2014年にはプレーオフ前の順位が69位(未勝利)だったビリー・ホーシェルが、第3戦の「BMW選手権」と最終戦の「ツアー選手権」で連勝を飾り、年間王者に輝くとともにボーナスの10ミリオンドル(約10億円)を手中にした。昨年はレギュラーシーズン1位のジョーダン・スピースがそのまま年間王者となったが、近年でいえばプレーオフに調子の良かった選手が一気に頂点へ駆け上がる可能性が高いといえるだろう。

 ちなみに今年だが、最終戦に出場する30人は下記のとおり。フェデックスポイントは最終戦を前にリセットされている。

順位 選手名 フェデックスP 
1位 ダスティン・ジョンソン(米国)2,000(2位)
2位 パトリック・リード(米国)1,800(7位)
3位 アダム・スコット(オーストラリア)1,600(3位)
4位 ジェイソン・デイ(オーストラリア)1,440(1位)
5位 ポール・ケイシー(イングランド)1,280(68位)
6位 ロリー・マキロイ(北アイルランド)1,120(36位)
7位 ジョーダン・スピース(米国)960(5位)
8位 ラッセル・ノックス(スコットランド)800(4位)
9位 エミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)640(32位)
10位 ジミー・ウォーカー(米国)480(17位)
11位 ブラント・スネデカー(米国)384(6位)
12位 ジャスティン・トーマス(米国)368(10位)
13位 フィル・ミケルソン(米国)352(8位)
14位 ライアン・ムーア(米国)336(23位)
15位 ケビン・チャペル(米国)320(13位)
16位 マット・クーチャー(米国)304(18位)
17位 松山英樹(日本)288(12位)
18位 キム・シウー(韓国)272(15位)
19位 ケビン・キスナー(米国)256(11位)
20位 ゲーリー・ウッドランド(米国)248(42位)
21位 ロベルト・カストロ(米国)240(53位)
22位 ケビン・ナ(米国)232(9位)
23位 ウィリアム・マグガート 224(16位)
24位 バッバ・ワトソン(米国)216(24位)
25位 ショーン・オヘア(米国)208(108位)
26位 ダニエル・バーガー(米国)200(22位)
27位 ジェイソン・ダフナー(米国)192(21位)
28位 J.B.ホームズ(米国)184(38位)
29位 ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)176(31位)
30位 シャール・シュワルツェル(南アフリカ)168(30位)

 そして、カッコ内はレギュラーシーズンのフェデックスランキング順位。最終戦の優勝者にはフェデックスポイントが2,000付与されるため誰にでも年間王者の可能性はあるが、現実的に見ればトップ10がギリギリといったところか。過去の流れを考えると第3戦のBMW選手権を制したD・ジョンソンが大本命で、勢いを加味した面白い存在は第2戦のドイツ銀行選手権で優勝を飾ったR・マキロイ、そして第2戦、第3戦でともに2位に入ったP・ケイシーといえるのかもしれない。

 また、この10年間における日本人選手のプレーオフ出場もまとめてみた(カッコ内は進出した試合)。


2007年 丸山茂樹(第1戦)、今田竜二(第3戦)
2008年 今田竜二(最終戦、20位)
2009年 今田竜二(第2戦)
2010年 今田竜二(第2戦)
2011年 今田竜二(第2戦)
2012年 なし
2013年 なし
2014年 石川遼(第2戦)、松山英樹(最終戦、28位)
2015年 松山英樹(最終戦、16位)
2016年 松山英樹(最終戦、?)

 松山英樹は3年連続で最終戦進出という快挙を達成した。ぜひとも昨年を上回る順位でフィニッシュしてほしいものだ。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月20日(火)18時5分

ゴルフ情報ALBA.Net