ここから本文です

VRコンテンツ制作をプログラムレスで! VRフレームワーク「VoRi(アイヴォリィ)」提供開始

アスキー 9月20日(火)13時6分配信

ポケット・クエリーズがVRコンテンツの制作・配信をプログラムレスで行なうためのVRフレームワーク「iVoRi(アイヴォリィ)」を開発し、企業向けに提供を開始した
 ポケット・クエリーズは、VRコンテンツの制作・配信をプログラムレスで行なうためのVRフレームワーク「iVoRi(アイヴォリィ)」を開発し、企業向けに提供を開始した。同フレームワークの特徴は「3Dシナリオエンジン」を採用していることだ。
 
 また、iVoRiを使用して作られたVR-AI-語学学習システム「Virtual Lesson」が、9月15日~18日まで幕張メッセにて開催の「東京ゲームショウ2016」で参考展示されていた。
 

 iVoRiとは、最小限の素材だけ用意すれば、プログラム開発なしにVR(MR含む)でのコミュニケーションコンテンツを制作でき、配信することも可能な仕組みだ。
 
 また、iVoRiの中核であるコンテンツ描画再生機能には、「3Dシナリオ」の概念を採用している。このため、VRコンテンツを制作する際には、Excel上でのシナリオ執筆、必要な絵素材(3Dモデル含む)の制作を行なうだけで、簡単にVRでストーリーのあるコンテンツを制作・配信することができるとのこと。
 
 iVoRiには、3Dシナリオエンジンだけでなく、他にも2つ特徴がある。
 
 1つ目は「VRデーターインポーター」だ。既存のコンテンツを自動でVRデータ化し、フレームワークへインポートする。今まで蓄積してきたコンテンツを低コストで再利用できる。
 
 2つ目は、「VR/MRレンダリングエンジン」。MR(Mixed Reality)ライブラリーによる現実とバーチャルの自然な融合を実現する。
 
 これらの特徴を活かして作られたのが、東京ゲームショウ2016にて参考展示されていたVRコンテンツ「Virtual Lesson(VR-AI-語学学習システム)」だ。
 
 語学学習ではシナリオに基づいたロールプレイを頻繁に行なうが、iVoRiを用いることで、Excelシナリオとイラスト・3Dモデル素材の用意だけで簡単にストーリー性のあるVRコンテンツを制作する事ができるとのことだ。
 
 デモコンテンツにはVRゴーグルとしてHTC Viveを使用。
 
 ポケット・クリエーズのブースは「9-W30(VRコーナー)」だった。
 
 
文● たかヰトモき/Mogura VR

最終更新:9月20日(火)13時8分

アスキー