ここから本文です

<南シナ海>太平島に新たな構造物 憶測広がるも国防相「機密」/台湾

中央社フォーカス台湾 9月20日(火)15時12分配信

(台北 20日 中央社)南シナ海にある南沙(スプラトリー)諸島太平島に新たな構造物が設置されていたことが、米グーグル社が提供するバーチャル地図、グーグルアースで明らかとなった。新たな軍事施設の建設ではとの憶測が広がっているが、馮世寛国防部長(国防相)は20日、「全ての軍事施設と用途は機密であり、説明しかねる」としている。

太平島には海岸巡防署(海巡署、海上保安庁に相当)の隊員らが常駐しているが、一般人の渡航は認められておらず、島の実態はあまり知られていない。最近更新されたグーグルアースの画像を見ると、これまで確認されていなかった波消しブロックのような構造物4つが増えていた。

これについて海巡署も「申し訳ないが対外説明はできない」とコメントを控えた。また、馮部長は、太平島には強固な防衛能力があることを知ってほしいと語っている。

(温貴香、朱則イ/編集:齊藤啓介)

最終更新:9月20日(火)15時12分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。