ここから本文です

<南シナ海>太平島に新たな構造物 憶測広がるも国防相「機密」/台湾

中央社フォーカス台湾 9/20(火) 15:12配信

(台北 20日 中央社)南シナ海にある南沙(スプラトリー)諸島太平島に新たな構造物が設置されていたことが、米グーグル社が提供するバーチャル地図、グーグルアースで明らかとなった。新たな軍事施設の建設ではとの憶測が広がっているが、馮世寛国防部長(国防相)は20日、「全ての軍事施設と用途は機密であり、説明しかねる」としている。

太平島には海岸巡防署(海巡署、海上保安庁に相当)の隊員らが常駐しているが、一般人の渡航は認められておらず、島の実態はあまり知られていない。最近更新されたグーグルアースの画像を見ると、これまで確認されていなかった波消しブロックのような構造物4つが増えていた。

これについて海巡署も「申し訳ないが対外説明はできない」とコメントを控えた。また、馮部長は、太平島には強固な防衛能力があることを知ってほしいと語っている。

(温貴香、朱則イ/編集:齊藤啓介)

最終更新:9/20(火) 15:12

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。