ここから本文です

〔東京外為〕ドル、101円台後半=日銀会合控え方向感欠く(20日午前9時)

時事通信 9月20日(火)9時30分配信

 20日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、日銀金融政策決定会合を控えて方向感なく、1ドル=101円台後半で推移している。午前9時現在、101円91~91銭と前週末(午後5時、101円91~91銭)と変わらず。
 前週末の海外市場では、市場予想を上回る米消費者物価指数をきっかけに買いが優勢となり、102円40銭台に水準を切り上げたが、その後は102円20~30銭台に軟化した。東京が休場となった前日は、終盤にまとまった売りがみられ、101円70銭台に下落。欧米時間は手掛かり材料を欠く中、おおむね101円60~80銭のレンジ圏で推移した。東京時間の早朝は101円80銭前後でもみ合っている。
 日銀は20、21日の決定会合で金融政策の「総括的検証」を行う。市場ではマイナス金利の深掘りなど追加緩和を予想する声が多いが、一部には現状維持を見込む向きもある。同会合を見極めるまでは積極的に動きにくく、「ドル円はレンジ内の値動きにとどまる」(FX会社)と予想される。
 ユーロは対円、対ドルで下落。午前9時現在、1ユーロ=113円90~92銭(前週末午後5時、114円49~50銭)、対ドルでは1.1176~1177ドル(同1.1234~1235ドル)。

最終更新:9月20日(火)11時27分

時事通信

チャート

アメリカ ドル / 日本 円
100.51 - 9月29日 0時50分