ここから本文です

ペリリュー島の戦いをつづるドキュメンタリー公開、ナレーションは美輪明宏

映画ナタリー 9/20(火) 8:25配信

戦争ドキュメンタリー「追憶」が、11月5日より東京の東京都写真美術館ほか全国で順次公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作でつづられるのは、太平洋戦争下の1944年9月から11月にかけてペリリュー島で繰り広げられた日米間の激戦。膨大な記録映像や、当事者である元日本兵、米海兵隊兵士、島民のインタビューなどを通して、凄惨を極めた戦いを紐解いていく。監督を務めたのは「TOKYO JOE マフィアを売った男」の小栗謙一。

本作でナレーションを担当した美輪明宏は「『つわもの共の夢の跡』の悲劇を、この映画の中の美しいペリリュー島の姿が、今、静かに物語ってくれています」とコメントを寄せている。

美輪明宏 コメント
戦争をするには、武器弾薬は勿論、石油、鉄等の天然資源の他、自給率豊富な食糧、財力、文明力、情報力、分析力が必須条件です。
それ等が欠如したまま戦争に突入させたのが、日本軍の上層部でした。兵士や国民を、敵の原爆やバズーカ砲に、竹槍で立ち向かわせたのです。その「つわもの共の夢の跡」の悲劇を、この映画の中の美しいペリリュー島の姿が、今、静かに物語ってくれています。

(c)2015「追憶」製作委員会

最終更新:9/20(火) 8:25

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]