ここから本文です

ドキュメンタリー映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』来年3月公開決定

CDジャーナル 9/20(火) 17:17配信

 世界的チェリストであるヨーヨー・マ(Yo-Yo Ma)に密着したドキュメンタリー映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』(原題: The Music of Strangers)が2017年3月に東京・渋谷 Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座などで公開されます。

 本作では、音楽界のトップ・スターを影で支えてきた“バックシンガー”に焦点を合わせた『バックコーラスの歌姫たち』(2013年)でアカデミー賞・長編ドキュメンタリー賞を受賞したモーガン・ネヴィル監督がヨーヨー・マに密着。幼少期の貴重な映像や本人へのインタビューをはじめ、親交の深いジョン・ウィリアムズ(作曲家 / 指揮者)、タン・ドゥン(作曲家)、ボビー・マクファーリン(ジャズ・シンガー)らの証言、「J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007」「オリヴィエ・メシアン: 世の終わりのための四重奏曲」「サン=サーンス: 組曲《動物の謝肉祭》より白鳥」などの演奏シーン、音楽仲間たちとのセッションなどから、アグレッシヴな彼の軌跡・生き様を辿る内容となっています。また、ヨーヨー・マが2000年に立ち上げ、日本ではNHK「新シルクロード」(2005年)のテーマ曲を演奏した“シルクロード・アンサンブル”のメンバーにもフォーカスし、伝統と現在の音楽がクロスオーヴァーする様子をフィーチャーしています。

©2015, Silk Road Project Inc., All Rights Reserved

最終更新:9/20(火) 17:17

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]