ここから本文です

87%小型化した植え込み型心臓モニター

MONOist 9/20(火) 8:55配信

 日本メドトロニックは2016年9月1日、原因不明の失神や潜因性脳梗塞患者向けの植え込み型心臓モニター「Reveal LINQ(リビール リンク)」を発売した。

【その他の画像】

 Reveal LINQは、従来比で87%小型化に成功した。データ蓄積量は20%増加している。体内に挿入する時の手技を簡略化することで手術時間の短縮に貢献。患者の負担を軽減する。また、不整脈を自動的に記録し医師に送信することができるため、データ確認のために通院する必要もなくなる。

 Reveal LINQは胸部の皮膚の下に挿入した状態で最長3年間、持続的な心電図モニタリングが可能だ。潜因性脳梗塞の原因の1つである心房細動や不測の失神は、ホルター心電図検査や体外式ループレコーダーによる検査では検出が難しいといわれている。同モニターは、失神が起きた際の心電図や、潜因性脳梗塞患者に心房細動があるかなどを調査でき、症状の原因を医師が判断する手助けになるという。また、条件付きで、1.5または3テスラのMRI検査が可能だ。

最終更新:9/20(火) 8:55

MONOist

なぜ今? 首相主導の働き方改革