ここから本文です

台風16号被害 6歳男児が不明 26人けが

関西テレビ 9月21日(水)0時44分配信

関西テレビ

台風16号の影響で、近畿でも被害が出ています。6歳の男の子が増水した川に流され行方不明になっているほか、26人が重軽傷を負いました。

20日午後6時20分頃、兵庫県宝塚市栄町の武庫川の河川敷付近で、小学1年の男の子(6)が増水した川に流され行方がわからなくなりました。男の子は、兄とボール遊びをしていたということで、警察などが現在も捜索を続けています。

神戸市内では72歳の女性が強風にあおられ転倒して太ももを骨折するなど、9人がけがをしました。姫路市では、複合施設の屋根の上で作業していた34歳の男性が転落し、腰の骨を折るなどの大けがです。

大阪府では東大阪市で42歳の男性が突風で閉まった玄関のドアに手を挟まれ薬指を切断するけがをしたほか、松原市では55歳の男性が転倒し、左ひざを骨折しました。

近畿ではこれまでに台風16号の影響で少なくとも26人がけがをしています。台風はすでに温帯低気圧に変わりましたが、気象庁は引き続き土砂災害などに警戒を呼びかけています。

最終更新:9月21日(水)0時44分

関西テレビ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。