ここから本文です

宮本亜門「これまでにない空気感」3D映像融合の能舞台演出

スポニチアネックス 9月20日(火)6時24分配信

 宮本亜門(58)が画期的な能舞台を演出することになり、このほど都内で発表された。

 タイトルは「幽玄」。観世流の能楽師が演じる「石橋(しゃっきょう)」「羽衣」に3D映像を融合し、かつてない、はかなくも美しい舞台空間をつくり出そうという企画。亜門は「3Dと言うと何か飛び出すようなイメージだが、それだけではない。舞台の奥行きが広がりこれまでにない空気感が表現できる。これがスタートになればいい」と意欲を見せた。

 日本・シンガポール外交樹立50周年を記念して来月28、29日に、シンガポールで上演される。

最終更新:9月20日(火)6時24分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。