ここから本文です

(漂う緩和マネー インタビュー:下)産業界にはプラス、もう十分 大八木成男氏

朝日新聞デジタル 9月20日(火)7時30分配信 (有料記事)

 ――今の金融緩和策をどう評価しますか。
 「産業界には大きなプラス効果をもたらした。民間企業にとって金融緩和の波及ルートは二つある。一つ目は借入金利が下がり、運転資金などで必要なお金を銀行から調達しやすくなったことだ。もう一つは、円安そのものが収益に与える効果だ。製品を輸出する際に価格を下げて販売できる。ユーロやドルで稼いだ収益は、円に換算されると大きく膨らむ」
 ――物価上昇率2%の目標が達成できていないのはなぜでしょう。
 「原油安という想定外のことが起こり、物価は下がっている。だが、金融緩和はここまでで十分だと思う。……本文:1,808文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)7時30分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]