ここから本文です

日銀決定会合「総括的な検証」 効果と副作用、見極め焦点

SankeiBiz 9月21日(水)8時15分配信

 日銀は20日、2日間の日程で金融政策決定会合を開き、3年半にわたる金融政策の「総括的な検証」を始めた。2%の物価上昇率目標に届かない原因を分析し、物価を押し上げるために必要な手立てを議論する。マイナス金利の深掘りなど追加の金融緩和に踏み切るかが、最大の焦点となる。検証では、国債購入とマイナス金利を組み合わせた現行の枠組みに一定の「効果」があると判断する方向だ。一方、マイナス金利については、金融仲介機能の低下といった「副作用」も指摘するとみられる。日本時間22日未明には、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果も判明する。日米の金融当局の判断次第で、金利や為替は大きく変動する可能性がある。

 慶応大の白井さゆり教授と学習院大の伊藤元重教授に、日銀の検証での注目点について聞いた。

最終更新:9月21日(水)8時15分

SankeiBiz