ここから本文です

弁護士のブルーオーシャンはどこだ? 憧れでなく普通の職業になった職業

ZUU online 9月20日(火)9時10分配信

「かつて憧れの職業であった弁護士は、今や食えない職業だ」--。巷間このような弁護士将来悲観論がささやかれている。

筆者は一弁護士であるが、かつては弁護士がいなかった分野で仕事をしている。そのような立場から、弁護士の将来への悲観論に対する感想を述べたい。

■弁護士の所得の中央値は600万円

日弁連がまとめた『弁護士白書2015年版』によると、2006年に1200万円だった弁護士の所得の中央値は、2014年には600万円と半減したという。有効回答数3724人中545人の所得は200万円未満であり、666人が200万円以上500万円未満、618人が500万円以上750万円未満である。

このような数字を見ると、確かに弁護士の所得は一般的なサラリーマンの所得と大して変わらないと言えよう。弁護士という職業は、もはや憧れの職業でもなんでもなくなった。弁護士バッジをもらいさえすれば食いぶちに困ることはないという話は夢物語だ。

■弁護士も「普通」の職業になっただけ

しかしそれは、弁護士が「普通」の職業になったというだけにすぎない。どの職業でも、なってしまえば(弁護士資格を取ってしまえば)、その後も安泰だなどという職業はない。その後も自己研鑽、知識向上、顧客開拓、ネットワーキングの実践などを継続していかなければならない。当たり前のことだ。弁護士もそういう意味で「当たり前」の「普通」の職業になっただけだ。私はそう思っている。

弁護士たるもの裁判所で裁判に携わることだけが弁護士の本職である。法廷に立たない弁護士など弁護士の風上にも置けない。昔ながらの頭の固い弁護士には内心そう思っている人は多い。しかし、そういう凝り固まった考えに固執しているようでは、未来は開けない。

既存のマーケットが飽和状態にあり成長が見込めないとき、ビジネスの世界ではどうするのか。経営戦略論的な最適解は明確である。競争の激しいレッドオーシャンなマーケットで戦うのではなく、競争の少ない未開拓市場であるブルーオーシャンなマーケットを切り拓く。

弁護士もそうすればよいのだ。幸いなことに、弁護士の持つ法的素養、論理的思考力が要求される分野はあまた広がっている。

■弁護士にとってブルーオーシャンはどこか

たとえばビジネスの世界しかり。考えてみればすぐにわかるが、ビジネスの世界では、弁護士の持つ法的素養、論理的思考力が大いに要求される。

会社法、金商法、独禁法などの法律を直接使う場面があるのは勿論のことであるが、その他にも取締役会資料、経営会議資料など各種資料の作成には、弁護士の持つ論理的思考力が大いに役立つ。関係各部との打ち合わせ・折衝では、弁護士の持つ論理的思考に裏打ちされた説明は、強い説得力を持つ。初めて発生した事案に対し過去の事案に照らして適切にあてはめ、判断・処理する能力(過去の判例へのあてはめ能力)も侮れない。

実際、既に日本には2016年6月時点でも1707人もの企業内弁護士がいる(日本組織内弁護士協会調べ)。

商社でも銀行でも、かつては、法務部員は弁護士資格を有していない者ばかりで構成されていた。しかし今では弁護士資格を有している者が多数を占めるようになってきている。そのうち、弁護士資格を有さない法務部員に法律相談するのは、あたかも医師免許を有さない者に診療してもらうかの如くの不安を感じるようになるだろう。

今では法務部門のみならず、コンプライアンス部門、経営企画部門、公共政策部門、政府渉外部門、その他諸々の部門で弁護士資格者が活躍するようになってきている。

行政の世界もしかりだ。中央官庁や地方自治体にも多数の弁護士が勤務するようになってきている。

立法の世界もしかり。昔から弁護士資格を有する国会議員は多数いたが、議員秘書にも弁護士がなるようになってきた。立法に関する資料の作成、関係者との打ち合わせ、省庁・党職員との調整など、弁護士の持つ能力を発揮できる場面は多い。

■いたずらに悲観するのではなく

どうも私には、世の中には、入り口さえ通過すればそのあとはたいした努力をしなくても安泰だなどと安直に考えている人が多すぎるような気がしてならない。

「有名大学を出れば安泰だ」、「大企業に入れば安泰だ」、「資格を取れば安泰だ」などと安直に考えている人が多すぎるような気がする。そういう人は、いったん安泰だと思ってしまうと、努力や勉強を、驚くほどしなくなる。

むしろそういうふうにもう安泰だと思って油断している人が多ければ多いほど、ちょっとした努力や勉強をするだけで、すぐに逆転できる。

現実の世界は安泰なんてことはなく、常に研鑽が要求される。既存のマーケットという固定観念にとらわれることなく、好奇心強く広い視野を持ち新たなブルーオーシャンなマーケットをいち早く開拓した者が利益を獲得する。弁護士も、そんな「当たり前」の「普通」の職業であることに変わりはない。

弁護士の将来をいたずらに悲観し不安をあおるのではなく、むしろこの現状をチャンスととらえる人間でいたい。そして我こそはという志を持つ方は、是非弁護士になってもらいたい。(星川鳥之介、弁護士資格、CFP(R)資格を保有)

最終更新:9月20日(火)9時10分

ZUU online

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。