ここから本文です

米GoPro初のドローン「Karma」を10月発売。手持ち利用も可能

Impress Watch 9月20日(火)7時0分配信

 米GoProは20日、同社初の空撮対応ドローン「Karma」を発表。さらに、アクションカメラの新モデルとして4K/30p撮影に対応し、強力な手ブレ補正機能も備えた「HERO5」シリーズも発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

■空撮対応ドローン「Karma」

 Karmaのみの価格は799.99ドル。新アクションカメラ「HERO5 Session」付きは999.99ドル、「HERO5 Black」付きが1,099.99ドル。カメラは別売の「HERO4 Black・Silver」も利用できる。米国での発売日は10月23日。日本での発売時期や価格は未定。

 Karmaは、1つのシステムとして構成されている。ドローン部分は「Karma Drone」と名付けられ、そこに3軸のカメラスタビライザー「Karma Stabilizer」と「Karma Harness」を取り付け、Karma Harnessにカメラを固定して空撮を行なう。操作は付属の「Karma Controller」で行なう。

 「Karma Stabilizer」をドローンから取り外し、付属の「Karma Grip」に取り付けると、手持ちのカメラスタビライザーとして利用可能。これら一式に、プロペラやバッテリなどを1つのケースに収納して持ち歩ける。

 Karmaには4基のプロペラを搭載。プロペラが搭載されているアーム部分は折りたたみでき、本体をコンパクトにして持ち運べる。サイズは展開時が411×303×117mm(幅×奥行き×高さ)、収納時は224.3×365.2×89.9mm(同)。重さは約1kg。バッテリ1本での飛行時間は約20分。

 「Karma Controller」には屋外での視認を想定した、見やすい5型のスクリーンを備え、720pでドローンが撮影している映像の確認などが可能。スティックと2.4GHz帯を使ってKarmaを操作する。ワンボタンで離着陸ができるほか、シーン設定なども可能。タブレットのアプリから、撮影コントロールもでき、ユーザーがKarma Controllerでドローンの飛行を制御、一緒にいる友人がタブレットを使い、カメラを操作するといった役割分担もできる。

■「HERO5」シリーズも発表

 「HERO5 Black」は米国で10月2日発売で、価格は399.99ドル。2型のタッチパネル型ディスプレイも装備、音声での操作が可能になり「GoPro, take a photo」と呼びかけると写真撮影をするといった使い方が可能。ボタン一つでカメラの電源がONになり、撮影がスタートするシンプル操作も特徴だという。

 動画は4K解像度で撮影でき、1,200万画素の静止画撮影も可能。強力な手ブレ補正機能も搭載。RAW撮影や、暗部とハイライトのディテールを維持した撮影ができる「WDR photo mode」なども備えている。10mまでの防水も可能。

 よりコンパクトな「HERO5 Session」も同日発売。価格は299.99ドル。小型モデルだが、音声操作や4K映像撮影、強力な手ブレ補正機能も搭載。ワンボタンで撮影がスタートするシンプルな操作性なども採用している。10m防水にも対応する。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:9月20日(火)11時45分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]