ここから本文です

Netflixドラマ「パニッシャー」悪役にベン・バーンズ

映画.com 9月20日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 米マーベルが制作するテレビドラマ「パニッシャー」に、ベン・バーンズがレギュラー出演することが明らかになった。TV Lineが報じている。

 「パニッシャー」は、家族を殺害されたことがきっかけで私刑執行人となったダークヒーローで、Netflixが独占配信する「デアデビル」シーズン2に登場。制作が決まった「パニッシャー」はスピンオフで、ジョン・バーンサル(「ウォーキング・デッド」)がパニッシャーことフランク・キャッスル役を演じることになる。バーンズの役どころは不明だが、パニッシャーの敵を演じることになるという。

 マーベルは、Netflix向けに「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」と、ニューヨークを舞台に活躍する異なるヒーローを題材にしたドラマを制作。さらに4人のヒーローがクロスオーバーする「ディフェンダーズ」の準備も進めている。

 バーンズは、「ナルニア国物語」シリーズのカスピアン王子役を演じたイギリス俳優として知られている。近年は、ジョナサン・ノーラン(「PERSON of INTEREST」)が製作総指揮を手掛けるSFドラマ「ウエストワールド」に出演している。

最終更新:9月20日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。