ここから本文です

量から金利へシフトし持続性高めよ 伊藤元重・学習院大教授

SankeiBiz 9月21日(水)8時15分配信

 --日銀がこのタイミングで「総括的な検証」をまとめる狙いは

 「『2年で2%』の物価目標を達成できず、国債を大量に買う量的緩和は即効性はあるが、持続性を考えると問題が出てきた。さらに、マイナス金利が加わったことで、イールドカーブ(国債の利回り曲線)が平坦(へいたん)化し金融機関の経営に影響が出てきた。マイナス金利を維持しつつ、国債の購入量を柔軟化するいいタイミングだろう」

 --国債の購入量を年80兆円から70兆~90兆円などと柔軟化した場合、緩和の縮小と受け取られるリスクは

 「市場は過剰反応するケースがあり、日銀の発信の仕方がポイント。個人的にはマイナス金利の深掘りはあり得ると考えており、緩和を長期化するというスタンスをしっかり伝えることが重要。ただ、現行の国債買い入れはどこかで限界がくる。金融政策を『量』から『金利』にシフトしていくことが持続性を高める手段だろう」

 --2%の物価目標にこだわるべきか

 「為替への影響もあるが、経済学的にも2%ぐらいの物価上昇が望ましい。そうなれば、企業の賃上げ率は成長産業で3~4%、伸びていない産業でも横ばいを維持できるからだ。達成できないから2%の目標を下げるというのは本末転倒だ」

 --ヘリコプターマネーや外債購入論が浮上している

 「金融・財政政策を連動させる『ポリシーミックス』であれば議論されるべきだが、国の借金を日銀が肩代わりする『財政ファイナンス』の議論にすべきではない。外債購入は理論的にはあり得るが、為替操作と受け取られかねず、ハードルは高いだろう」

最終更新:9月21日(水)8時15分

SankeiBiz

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]