ここから本文です

アーロン・ソーキンの監督デビュー作にマイケル・セラ

映画.com 9月20日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] オスカー脚本家アーロン・ソーキン(「ソーシャル・ネットワーク」「ア・フュー・グッドメン」)が長編初メガホンをとる新作「Molly's Game(原題)」に、マイケル・セラが出演交渉中であることがわかった。

 ジェシカ・チャステインとイドリス・エルバの出演が決定している本作は、実在のアメリカ人女性モリー・ブルームについて描く作品。ブルームはスキーヤーとしてオリンピックに出場する夢に挫折した後、ロサンゼルスでバーのウェイトレスから違法ポーカールームの経営者となって、FBIに逮捕された。ブルームのポーカールームの顧客には、レオナルド・ディカプリオやベン・アフレック、トビー・マグワイアといったハリウッドスターをはじめ、大富豪やセレブがいたと言われている。

 2014年に出版されたブルームの同名回顧録を下敷きに、ソーキンが自ら脚色し、チャステインがブルーム役を演じる。エルバの役柄は不明だが、セラはブルームと親しくなるセレブ顧客の1人を演じるようだ。

 「Molly's Game」は11月に撮影開始の予定。

最終更新:9月20日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。