ここから本文です

10人対1台「負けないぞ!」 バスの日、松江で綱引きに挑戦

産経新聞 9月20日(火)7時55分配信

 バスに親しんでもらおうと「バスまつりイン松江」が19日、松江市のくにびきメッセで開かれた。大展示場内には7台の大型バスが並び、訪れた人たちはバスとの綱引きに挑んだり、記念撮影をしたりして楽しい一時を過ごした。

 「バスの日」(9月20日)にちなみ、松江市を拠点とするバス事業者の一畑バスと市交通局が開催。バスとの綱引き対決では、子供たち10人1組で重さ約10トンのバスを約10メートル引っ張る速さを競った。計7チームが挑み、23秒で優勝したメンバーたちの名前が、バスの行き先表示器に映し出された。

 また、両社だけでなく県内を走る石見交通や中国JRバスなどの車両も勢ぞろい。家族連れらが好みのバスに乗り込んで運転席に座ったり、一緒に写真を撮ったりしていた。

 このほか、ハンドルや降車ボタン、方向幕など、不要になったバス部品の販売も行われ、マニアたちが掘り出し物を見つけては買い求めていた。

最終更新:9月20日(火)7時55分

産経新聞