ここから本文です

王者・山中 長野相手に緊張始球式「当てたらいけないから」

スポニチアネックス 9月20日(火)6時44分配信

 ◇セ・リーグ 阪神4―1巨人(2016年9月19日 甲子園)

 16日に11度目の防衛を果たしたばかりのボクシングWBC世界バンタム級王者・山中慎介(33=帝拳)が、阪神―巨人23回戦(甲子園)で始球式に登板した。

 滋賀県出身の阪神ファンで甲子園での始球式は14年6月22日楽天戦以来、2度目。左手に黒いボクシンググローブをはめて登場し、ワインドアップから投じた球は惜しくもワンバウンドとなった。「小、中学と野球をやっていたので、この結果は恥ずかしいです」。打席に立った長野を見て緊張したようで「ボクシングは当てないといけないけど、こっちは当てたらいけないからね」と笑いを誘った。

 試合は、左打者の高山が先制のV弾を放ち、左腕・岩貞も8回1失点の快投。自身同様、「神の左」がさく裂しての快勝に上機嫌だった。

最終更新:9月20日(火)6時44分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。