ここから本文です

リブート版「プレデター」はベニチオ・デル・トロ主演!

映画.com 9月20日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] オスカー俳優のベニチオ・デル・トロ(「トラフィック」「ボーダーライン」)が、米20世紀フォックスが進める「プレデター」のリブート企画に主演交渉中であることがわかった。

 米ハリウッド・レポーター誌によれば、シェーン・ブラック監督(「アイアンマン3」)がメガホンをとるリブート版のプロットは明らかにされていないが、デル・トロ演じるキャラクターが主体となるアンサンブル作品になるという。デル・トロとスタジオは数カ月にわたって交渉を続けているが、課題だったデル・トロのスケジュールに調整がついたことで、2017年2月のクランクインを計画しているようだ。

 ジョン・マクティアナン監督による1987年のオリジナル版は、宇宙から来た食肉獣(プレデター)とコマンド隊長(アーノルド・シュワルツェネッガー)との死闘を描いたSFアクション。その後、ダニー・グローバー主演の続編「プレデター2」(92)、スピンオフ映画「エイリアンVS.プレデター」(04)と「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」(07)、ロバート・ロドリゲス製作のリ・イマジニング版「プレデターズ」(10)が製作された。

 リブート版は、フレッド・デッカー(「ドラキュリアン」「ロボコップ3」)が脚本を担当。ブラック監督は今年4月、現代が舞台の脚本を執筆中だと米Colliderに語っていた。オリジナルのプロデューサーであるジョン・デイビス、ジョエル・シルバー、ローレンス・ゴードンが製作を務め、18年3月2日に全米公開を予定している。

 デル・トロは近年、マーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や、17年12月公開の「スター・ウォーズ エピソード8(仮題)」といった大作シリーズにも出演。麻薬戦争の現実をリアルに描いたクライムスリラー「ボーダーライン」の続編「ソルダード(Soldado)」では主演を務める。

最終更新:9月20日(火)12時0分

映画.com