ここから本文です

〔東京外為〕ドル、101円台後半=株高などで買われるも上値重い(20日正午)

時事通信 9月20日(火)12時30分配信

 20日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株高などでやや買われたものの上値は重く、1ドル=101円台後半で推移している。正午現在、101円92~92銭と前週末(午後5時、101円91~91銭)比01銭の小幅ドル高・円安。
 ドル円は早朝、101円80銭前後で取引された。その後、安寄りした日経平均株価がプラス圏に転じたほか、「五・十日要因の実需筋の買いも若干入った」(為替ブローカー)とされ、仲値すぎには一時102円台を回復した。ただ正午に向けては買い一服となり、やや緩む展開となっている。
 ドル円は株高を映して一時買いが強まったが、「株価要因を除くと目立った材料は見当たらない」(同)とされ、ドル円単体では方向感に乏しい。21日に日銀決定会合、22日未明にFOMCの結果公表を控え、「積極的には動きにくい」(FX業者)という。日銀決定会合をめぐっては、「追加緩和するかどうか見方が分かれている」(大手機関投資家)こともドル円の動意を乏しくしている。
 ユーロは対円、対ドルで小動き。ユーロ円も一時買われた後は緩んだ。ユーロドルは狭いレンジでの推移となっている。正午現在、1ユーロ=113円87~88銭(前週末午後5時、114円49~50銭)、対ドルでは1.1172~1172ドル(同1.1234~1235ドル)。

最終更新:9月20日(火)14時27分

時事通信

チャート

アメリカ ドル / 日本 円
100.48 - 9月26日 21時59分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]