ここから本文です

ラミレス監督「Aクラス入り」就任前の約束果たす

日刊スポーツ 9月20日(火)7時59分配信

<DeNA3-1広島>◇19日◇横浜

 選手を見極め、理解し、信じること-。就任1年目のDeNAアレックス・ラミレス監督(41)が日々、変化するペナントレースで若手を育てながら用兵を的確に操り、大きな成果をもたらした。昨季最下位から11年ぶりAクラスへと押し上げ、就任前に球団と交わした「Aクラス入り」の約束を果たした。球団は21日にも2年契約の2年目となる来季の続投を要請することが決まった。

【写真】ラミレス監督「オメデトウゴザイマス。2位目指す」

 総立ちのスタンドを背に興奮と安堵(あんど)感が入り交じる。勝利のハイタッチの列で、ラミレス監督が山崎康からCS決定の記念球を受け取った。「(監督就任)1勝目と同じように私の宝物になる。少しではない。ものすごくほっとしている。就任前、BクラスからAクラスに変えると球団に約束した。果たすことが出来て良かった」。見開いた目が真っ赤に充血していた。

 現役時代に培った「勝負の嗅覚」は監督になっても健在だった。最も顕著に表れたのは1軍と2軍の線引きだった。「交流戦までは若い選手を積極的に試した。それ以降はAクラスの可能性があると信じた選手たちをキープし続けた」。昨季と比較すると、1軍に登録した選手の人数に大差はないが、交流戦後以降の1、2軍の入れ替えは52→32に激減させた。「勝つか、成長させるか、その線引きは難しい。交流戦後から勝つためのモードだけに切り替えた」と明かした。

 就任直後、チームの課題として挙げたセンターラインを強化した。正捕手に新人戸柱を抜てきし、中堅に桑原、遊撃は倉本、この日は三塁だったが二塁で宮崎を使い続けた。「私は彼ら4人を新たにレギュラーとして使った。レギュラーになれると信じた彼らの働きがシーズンを通してフレッシュに保たせてくれた」。桑原に関しては打順も1番に固定し、能力を開花させた。

 外国人監督特有の発想も相乗効果を生んだ。長丁場のシーズンを短期的に区切り、目標を流動的に設定した。首位広島とのゲーム差が開き、3位で迎えた残り50試合の時点では「下位のチームとどう戦うか」と現実を直視させた。さらに「ここから50試合ではなく20~30試合が最も重要。それが終われば順位はおのずとイメージできる」とシーズンを逆算して重要な時期を明確にさせた。“1戦1戦最後まで”を口癖に、より具体性を持たせてチームのかじを取った。

 1つの課題をクリアした。2位巨人とのゲーム差は2・5で残り4試合。「ホームでCSを戦えるチャンスはある。全力で2位を狙う」。22日ヤクルト戦(横浜)からは次なるミッションに入る。【為田聡史】

最終更新:9月20日(火)8時40分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]