ここから本文です

『スーサイド・スクワッド』公開10日間で興行収入10億円を突破!

cinemacafe.net 9/20(火) 20:00配信

9月10日より日本公開されている『スーサイド・スクワッド』。この度、本作が19日(月)までの10日間で、興行収入1,089,318,870円、動員706,598人を記録した。

【画像】『スーサイド・スクワッド』ポスター

本作は、バットマンやスーパーマンのDCコミックに登場する史上最凶のスーパー・ヴィラン(悪役)たちが、米政府と裏取引し、減刑と引き換えに危険な任務を遂行するチームを組んで、未知なる脅威と戦う掟破りなアクションエンターテイメント。

キャストには、“恋愛依存症ガール”のハーレイ・クイン役マーゴット・ロビーを始め、子煩悩な伝説の暗殺者デッドショット演じるウィル・スミス、バットマンの最大の宿敵であるスーパー・ヴィラン=ジョーカー役ジャレット・レトなどが出演している。

シルバーウィークは、神木隆之介や上白石萌音らが声優を務める『君の名は。』や、京都アニメーションが制作した『聲の形』の後塵を拝したものの、公開から2週連続で興行収入ランキングは洋画No.1と実写映画No.1を堅持した形となる。

さらに、本作のヒロイン“ハーレイ・クイン”の人気も高まっており、Twitter上ではイラストの投稿や、コスプレした写真の投稿に加え、写真アプリではハーレイ・クインやジョーカーの“なりきり写真”も日々投稿され続け、こうした根強いキャラクター人気により、全国の劇場で20代を中心に集客し、リピーターも続出しているようだ。

『スーサイド・スクワッド』は全国にて公開中。

最終更新:9/20(火) 20:00

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]