ここから本文です

今季2点目のマインツFW武藤 「ビルト」が高評価

東スポWeb 9月20日(火)11時26分配信

 18日に行われたドイツ1部リーグのアウクスブルク戦に途中出場し今季2点目を決めたマインツの日本代表FW武藤嘉紀(24)に、19日付の大衆紙「ビルト」は2と高い評価をつけた。採点は最高が1で最低が6。今季はまだ3試合出場(先発1試合)と定位置を確保できていないが、少ない時間で結果を出し、アピールを続ける。武藤は「先発するためには、こいつなら決めてくれると思わせないといけない」と前を向いた。

 16日のフライブルク戦に先発しチームの2点目をアシストするなど勝利に貢献したケルンのFW大迫勇也(26)はビルト紙から2、専門誌「キッカー」から2・5と高評価された。

最終更新:9月20日(火)11時34分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。