ここから本文です

世界最古の釣り針発見=沖縄のサキタリ洞遺跡―県立博物館など

時事通信 9月20日(火)5時8分配信

 沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で、世界最古となる2万3000年前の貝製の釣り針が発見された。沖縄の旧石器人がカニを捕獲するなど漁労を行っていたことも判明。沖縄県立博物館・美術館などの研究チームが発表し、論文は19日(米東部時間)以降、米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 釣り針は幅1.4センチで、巻き貝を割り、削って作られている。地表から約1メートルの場所で見つかり、周辺の炭の年代から2万3000年前の物と判明。東ティモールで発見された1万6000~2万3000年前の貝製釣り針と並び、最古という。

 研究チームによると、日本国内で旧石器人の漁労の痕跡を示す道具が見つかるのは初めて。 

 同じ地層からは、ブダイやオオウナギの骨が見つかっており、釣り針でこれらの魚を取っていたとみられる。また、多くの年代の地層でモクズガニのはさみが発見された。大きさなどから、捕獲したのは秋ごろとみられ、産卵前でみそが詰まった「旬」のカニを食べていたと考えられる。

 サキタリ洞では、1万3000~3万年前の地層から人骨が見つかり、食料とみられるシカの化石は3万5000年前の地層からも見つかった。那覇市の山下町第1洞穴で3万6500年前の人骨が見つかったことを考慮すると、沖縄で2万年以上にわたって旧石器人が継続して生活していたことが裏付けられたとしている。

最終更新:9月20日(火)8時37分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]