ここから本文です

クラシック演奏、会場は大阪環状線 JR西が企画

朝日新聞デジタル 9月20日(火)9時6分配信

 JR西日本が19日、大阪環状線の電車内でクラシック演奏会を開いた。環状線のイメージアップを図る企画の一環で、約200人が美しい音色に聴き入った。

【写真】JR大阪環状線の車内で演奏する楽団員=19日、大阪市、吉川喬撮影

 関西の著名4楽団の団員らが2、3人ずつ乗車。JR大阪駅を昼過ぎに出発し、約40分かけて1周する間、車窓の景色をバックにアンサンブルを披露した。

 関西フィルハーモニー管弦楽団はバイオリンとビオラでモーツァルトの「メヌエット」などを演奏。大阪市港区の男性(40)は「もう1周分聴きたい」。

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)9時6分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。