ここから本文です

ガイ・リッチー、『007』新作の監督候補に!?

cinemacafe.net 9/20(火) 20:15配信

ガイ・リッチー監督が『007』新作の監督候補に挙がっているようだ。

リッチー監督はサム・メンデス監督から同人気シリーズのメガホンを引き継ぐべく、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンと話し合いを行う予定になっているのだという。

【写真】ガイ・リッチー /フォトギャラリー


ある関係者は「Mirror.co.uk」に「ガイは現在、監督の第一候補です。彼はマイケルと今週、仕事内容の詳細や映画作品に対する考え方に賛同できるかどうかのミーティングを行う予定です」「25作目となる『007』の監督としてガイは真剣に検討されているようで、ロサンゼルスまで話し合いに行くことで話がもっと進むかもしれません。ガイはサムのような芸術的才能はありませんが、ペースが速く大胆な作風を得意としていて、自分の作品のことをよくわかっている監督です」「それにガイは常に落ち着いていて、大きな予算を上手にやりくりできる人です」と語る。

今年5月、『007 スカイフォール』『007 スペクター』の監督を務めてきたメンデス監督は新たな作品作りにチャレンジしたいという理由から、次回作のメガホンは取らない意向を明らかにしていた。

一方、同人気シリーズの中でイギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長、M役を務めるレイフ・ファインズは先日、次回作ではメンデス監督が作り上げてきたものとは違う論調の作品が必要であると言及していたばかりだ。

(C) BANG Media International

最終更新:9/20(火) 20:15

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]