ここから本文です

【南関東競馬】タマノブリュネット重賞初V“女王”破る会心レース

デイリースポーツ 9/20(火) 6:03配信

 「レディスプレリュード・Jpn2」(19日、大井) 

 4番人気のタマノブリュネットが、直線で力強く抜け出して重賞初制覇。しぶとく逃げ粘った9番人気のトーコーヴィーナスと、最内から追い込んだ1番人気のホワイトフーガが2着同着となった。なお、勝ったタマノブリュネットは「JBCレディスクラシック・Jpn1」(11月3日・川崎)への優先出走権を獲得した。

 まさに大金星だ。前走でJRA1000万下を勝ち上がったばかりのタマノブリュネットが、3度目の重賞挑戦で断然人気のホワイトフーガを破る会心のレース。重賞ウイナーの仲間入りを果たした。

 トーコーヴィーナスが逃げる展開を、中団のやや後方から進んだタマノブリュネットは抜群の手応えで追走。3角過ぎから徐々にポジションを上げ、直線で外へ持ち出すと残り100メートルで一気に抜け出し先頭でゴールを駆け抜けた。

 3月のエンプレス杯以来のコンビ復活となった田辺は、「デビュー時から期待していた馬。牝馬としてはどっしり構えていて砂をかぶってもひるまない。この馬らしさを出せてうれしい」と喜んだ。次走はもちろんJBCレディスクラシック。管理する高柳師が「出走権を取れたので次も頑張りたい」と力を込めれば、田辺も「強い相手を負かしたし、胸を張って行きたい」ときっぱり。勢いに乗ってG1奪取を狙う。

最終更新:9/20(火) 8:30

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]