ここから本文です

英PMCの25周年記念スピーカー「twenty5」。フィンで通気を効率化。ペア38万円から

Impress Watch 9月20日(火)8時15分配信

 CSRは、英PMCの創立25周年記念スピーカー「twenty5」シリーズを11月より順次発売する。ペアでの価格は、ブックシェルフの「twenty5・21」が38万円、「twenty5・22」が48万円、トールボーイの「twenty5・23」が58万円、フロア型の「twenty5・24」が85万円、「twenty5・26」が138万円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 仕上げはダイヤモンドブラック、オーク、ウォールナット、アマローネ。

 BBCに在籍していたエンジニアが独立し、1991年に英国で創立したPMC。その創立25周年を記念して作られたのが「twenty5」。twentyシリーズをベースにしながら、新技術の「Laminair」(ラミンエアー)を投入、ドライバやクロスオーバー、ターミナルもリニューアルし、全面的な改良を加えたという。

 Laminairは、PMC独自のエンクロージャー構造技術「ATL(Advanced Transmission Line)の効率をさらに向上させるというもの。スピーカーユニット背面からの高い音圧レベルは、エアフローの最終孔となるバスレフポート部で乱流を発生させ、不要なノイズや歪みの原因となる。

 Laminairはそこに縦型のフィンを搭載することで、通気孔を分割。全体の通気量を減らさずに、効率的かつ滑らかな空気の層を噴出でき、乱流損失を低減。効率を高められるという。

 ツイータには、最適な拡散ができるようコンピューター解析でデザインした新グリルを採用。振動板はSONOLEXの27mmファブリックドームで全機種共通。磁性液体冷却方式により、大音量でもリニアな再現ができるとう。

 ウーファは新開発の鋳造合金シャーシとグラスファイバー織りコーンを組み合わせた「g-weave」ドライバ。反転したガラス繊維のダストキャップを備え、円錐の形状に添って滑らかなストロークを実現するという。

 ウーファの口径はモデルによって異なり、「twenty5・21」と「23」が140mm、「22」と「24」と「26」が170mm。

 「twenty5・26」のみ3ウェイ3スピーカーで、その他のモデルは2ウェイ2スピーカー。「26」には50mm径のミッドレンジを備えており、上位機種で使っている75mmユニットを、50mmに凝縮した設計になっているという。インピーダンスは全モデル8Ω。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:9月20日(火)8時15分

Impress Watch