ここから本文です

『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

インサイド 9月20日(火)22時41分配信

株式会社ポケモンは、ニンテンドー3DS『ポケットモンスター サン・ムーン』の新たな情報を公開しました。

【関連画像】

『ポケットモンスター サン・ムーン』は、『ポケットモンスター』シリーズ最新作となるRPGです。本作は、温暖な島々からなるアローラ地方が舞台となっており、プレイヤーはさまざまな仲間やポケモンと出会い、「ソルガレオ」「ルナアーラ」といった伝説のポケモンによる物語に関わっていきます。

今回は、本作に登場する新たなポケモンが公開されています。

◆アローラ地方のポケモンたち

■きのみを投げつける「ナゲツケサル」
●データ
・名前:ナゲツケサル
・分類:れんけいポケモン
・タイプ:かくとう
・高さ:2.0m
・重さ:82.8kg
・特性:レシーバー

ナゲツケサルは、きのみを投げて攻撃することが特徴です。仲間と連携してパスを繰り返し、相手をかく乱することも。また、硬いきのみを相手に投げつけるだけでなく、柔らかいきのみで相手の視界を奪うようなテクニックも持っています。

ナゲツケサルはボスを中心とした20~30匹の群れで暮らしており、ボスと調子のよい10匹でエサを求め行動します。群れの結束は固く、群れを識別するための腕のマークはボスが決めます。なお、群れの連携力やきのみを投げる技術は、ボスが訓練して身に着けさせます。その訓練は非常にハードで、逃げだすものもいるようです。

また、ナゲツケサルはトレーナーに対してもボスの資質を求めます。トレーナーのモンスターボールを投げるフォームをよく見ており、フォームが悪いトレーナーの命令は聞きません。

ナゲツケサルは、これまでどのポケモンも持っていなかった新しい特性「レシーバー」を持っています。「レシーバー」の特性を持っていると、バトル中に倒れた仲間の特性を引き継ぐことが可能です。

なおナゲツケサルは、『ポケットモンスター サン』のみで出現するポケモン。『ポケットモンスター ムーン』をプレイしている場合は、『ポケットモンスター サン』のプレイヤーと交換して手に入れることができます。

■孤高の策士「ヤレユータン」
●データ
・名前:ヤレユータン
・分類:けんじゃポケモン
・タイプ:ノーマル・エスパー
・高さ:1.5m
・重さ:76.0kg
・特性:せいしんりょく/テレパシー

ヤレユータンは、森の奥深くに単独で棲んでおり、普段はあまり活動せず樹の上で瞑想しています。そのため昔の人はヤレユータンを森の奥で暮らす人間だと思い、「森の人」と呼んでいました。

ヤレユータンが持っている扇のようなものは自分自身で手作りしたもの。葉っぱを重ねて、自身の体毛でまとめているようです。また、人間の道具を勝手に使ってしまうこともあり、トレーナーからすると扱いにくい面も。モンスターボールを扱ったという目撃例もあるようです。

また、ヤレユータンは森に住んでいるポケモンたちには優しく、傷ついたポケモンには薬を渡したり、空腹のポケモンにはエサを与えたりします。

「さいはい」は、ヤレユータンだけが覚えることのできる技。技の対象として選択したポケモンが直前に使用した技を、その場でもう一度使わせることができます。

なおヤレユータンは、『ポケットモンスター ムーン』のみで出現するポケモン。『ポケットモンスター サン』をプレイしている場合は、『ポケットモンスター ムーン』のプレイヤーと交換して手に入れることができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ポケットモンスター サン・ムーン』は2016年11月18日発売予定です。

※画面は開発中のものです。

(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。

最終更新:9月20日(火)22時41分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。