ここから本文です

「日清ラ王」が美少女に擬人化! 一緒に麺をすすってくれるARスタート 声優に内田真礼さん、早見沙織さん、洲崎綾さんなど

ねとらぼ 9月20日(火)10時10分配信

 日清食品は、9月20日に新発売する「日清ラ王」のカップ麺に合わせて、2次元の美少女キャラが一緒にラ王を食べてくれるAR(拡張現実)ボイスドラマ「マジで恋する8分間」を公開しました。パッケージにスマホのカメラを向けると擬人化キャラが登場します。

【画像】ラ王を擬人化した美少女5人

 ARアプリ「aug!」をスマホにインストールして、パッケージ上部にカメラを向けると女の子が登場。お湯を入れて待つ5分間&食べる間の3分間(「濃熟とろ豚骨」は2分&6分)ボイスドラマが楽しめます。

 女の子は5つのラ王をそれぞれ擬人化。キャラクターボイスは声優の内田真礼さん、早見沙織さん、洲崎綾さん、そして双子の姉妹である松田利冴さんと松田颯水さんが担当しています。

 ボイスドラマでは、バイノーラル(立体3D)録音された“麺をすする音”や“スープを飲む音”なども収録し、「一緒に食べている感」にこだわったということです。これはいろいろとやばそう……。

 キャラクターはそれぞれ「背脂コク醤油」の長女・麺堂はつみ(CV:内田真礼さん)、「香熟コク味噌」の次女・麺堂つぐこ(CV:早見沙織さん)、「淡麗鶏だし塩」の三女・麺堂みなみ(CV:洲崎綾さん)、「濃熟とろ豚骨」の四女・麺堂かるて(CV:松田利冴さん)、「魚介豚骨醤油」の五女(?)・麺堂しの(CV:松田颯水さん)の5姉妹という設定。主人公である自分は、彼女たちが住む麺堂家に居候する男となって、“恋に発展するかもしれない”ストーリーが描かれます。

 またTwitter上で、体験中のARアプリ画面のスクショにハッシュタグ「#マジ恋8」「#(キャラクター名)」を付けて投稿されたツイートが100を超えるごとに、そのキャラの“スペシャルボイス動画”が見られるキャンペーンも実施。動画は公式Twitterで公開されます。

最終更新:9月20日(火)10時10分

ねとらぼ