ここから本文です

パナソニックが手ブレ補正を強化したミラーレス一眼や高級望遠コンデジを発表

アスキー 9月20日(火)14時0分配信

パナソニックは20日、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズとして、ミドルクラスのミラーレス一眼と高級コンパクトデジタルカメラ2製品を発表。10~11月に発売する。
 パナソニックは9月20日、同社デジタルカメラ「LUMIX」の新機種として、ミラーレス一眼1機種とコンパクトデジタルカメラ2機種を発表した。
 
手ブレ補正が進化したミラーレス一眼「G8」

 10月21日発売予定の「LUMIX DMC-G8」(ボディーのみの予想実売価格12万円前後)は、ミドルクラスに位置するミラーレス一眼。撮像素子にはローパスフィルターレス仕様の1600万画素センサーを採用する。
 
 5軸のボディー内手ブレ補正と2軸のレンズ内手ブレ補正を組み合わせる「Dual I.S.」は、高精度のジャイロセンサーと新しいアルゴリズムを採用した「Dual I.S.2」に進化し、よりブレ補正を強化している。
 
 また、電磁式のシャッターユニットを新開発し、シャッターを切る際の衝撃を従来機の約1/10に低減することで、撮影時のブレも抑える。さらにシャッターの低音化も実現した。
 
 連写速度は最大9コマ/秒。フォーカス位置を変えながらの高速連写により、後からフォーカス位置を変えられる「フォーカスセレクト」に加え、全体でピントが合うようにする「フォーカス合成」機能も搭載。なお、フォーカス合成については、既存機種(GX7MK2、GX8、G7)でもファームウェアアップデートで年内に対応する予定だ。
 
 本体は防塵・防滴構造となっており、前面はマグネシウム合金を採用。別売のバッテリーグリップ(予想実売価格3万7000円前後)を装着することで、縦位置撮影もできる。
 
F1.4のレンズを搭載した高級コンデジ「LX9」
 11月17日発売予定の「LX9」(予想実売価格9万5000円前後)は、2000万画素の1型センサーを採用した高級コンパクトデジカメ。
 
 レンズは24-75mm、F1.4-2.8の「LEICA DC VARIO-SUMMILUX」を採用し、コンデジながら輪郭がなめらかな美しいボケ味を表現できる。また、感度は通常でISO 12800まで、拡張でISO 25600まで設定可能だ。
 
 連写速度は最大10コマ/秒。背面には104万画素という高精細な3型タッチモニターを装備する。
 
20倍ズームの高級コンデジ「FZH1」
 11月17日発売予定の「LUMIX DMC-FZH1」(予想実売価格17万円前後)は、2000万画素の1型センサーを採用しつつ、24~480mmの光学20倍ズームレンズを搭載した高級望遠コンデジ。
 
 動画性能と静止画性能を両立させたという、新しい「LEICA DC VARIO-ELMARIT」レンズは、インナーズームのため全長が変わらず、ズームの際の揺れも低減している。
 
 ズームしてもフォーカスを維持するほか、3段のNDフィルターを内蔵。高輝度環境でも開放側のF値を選択できる。
 
 動画は4K撮影はもちろん、フルHDでは120fpsのハイスピード動画も記録できる。
 
「GH5」の開発を表明! 来春発売予定
 同社はこのほか、ミラーレス一眼「GH5」の開発表明も行なった。4K/60p、4:2:2(10bit)での動画撮影や、60コマ連写の「4Kフォト」、30コマ連写の「6Kフォト」といった機能を搭載する。来春の発売を予定している。
 
 さらに、FZH1で採用されているLEICA DC VARIO-ELMARITレンズを採用した交換レンズの開発表明も行なった。8-18mmの広角ズームと、12-60mmの標準ズーム、50-200mmの望遠ズームの3本で、いずれもF値はF2.8-4.0となる。2017年に順次発売予定だ。
 
 
文● ハシモト/ASCII編集部

最終更新:9月20日(火)17時59分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]