ここから本文です

マンC、3歳の“神童”獲得に関心 家族はマンU推しだが…

ISM 9/20(火) 17:19配信

 マンチェスターC(イングランド)が、大マンチェスター州ドロイルスデン生まれの3歳の少年ジャクソン・ラルくんの獲得を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』紙、伊サイト『calciomercato.com』など複数メディアが現地時間19日に報じている。

 現在3歳のジャクソンくんが庭でサッカーを楽しんでいたところ、母親が動画を撮影しそれをSNSに投稿。これがマンCのスカウト陣の目に留まったという。動画では、FWリオネル・メッシのユニフォームを着たジャクソンくんが、両足で器用にボールを扱いドリブルをする姿が確認できる。

 『マルカ』によると、獲得に際して“障害”になり得るのは、家族がマンCよりもマンチェスターU派であるということ。しかし、いざクラブから連絡があると、彼らの態度は一変したという。

 マンCスカウト陣から電話をもらったジャクソンくんの母親は、英『マンチェスター・イブニングニュース』に対し「彼らは息子がまだ3歳だということ、サッカーを始めてまだ5カ月だということに気づいていなかった。ジャクソンはお兄ちゃんの真似をしてサッカーをしてるだけなの。マンチェスターCのトライアルを受けるつもり。あの年齢にしては上手だということは分かっているし、いつか良いオファーが届いてくれれば」と語っている。

最終更新:9/20(火) 17:19

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]