ここから本文です

巨人「論外」の走塁ミス響き…甲子園で今季初負け

日刊スポーツ 9月20日(火)7時59分配信

<阪神4-1巨人>◇19日◇甲子園

 巨人は「論外」のミスが響き、今季9勝1分けで不敗だった甲子園で11戦目で初めて敗れた。4点を追う3回2死から投手の高木が二塁打で出塁。さらに長野が右翼線ギリギリの一打を放つ。だが二塁走者の高木が動かない。打球はフェアゾーンに落ち、慌ててスタートを切るも三塁止まり。結局、後続も続かず、みすみす反撃機会を手放した。

【写真】巨人高木5回4失点9敗…走塁でも「凡ミスです」

 高橋監督は「僕もよく分からないので、みなさんで取材してください」と理解に苦しんだ。高木は「自分の凡ミスです。球がどこに飛んで行ったか分からなかった」と反省した。打者長野もファウルかと半信半疑でスタートが遅れた部分もある。だが高木が打球を見失い、長野の動きを判断材料にしたとしても、2死ならスタートを切る必要があった。村田真ヘッドコーチは「論外だよ。プロ野球選手の基本。長野も早く走らないといけないし、高木も関係なく走らないと」と断じた。

 岩貞から1得点に終わったが高橋監督は「打線がつながらないのもあるが、1つのミスでリズムに乗れなかった」と感じた。3位DeNAとは2・5ゲーム差。2位は安泰ではない。「集中してないとは思わないが、痛いミスが出ると敗戦につながる」。当たり前のことをしなければ、浮上の目はない。【広重竜太郎】

最終更新:9月20日(火)8時43分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報