ここから本文です

心臓痛み、国連総会欠席=キルギス大統領

時事通信 9月20日(火)5時13分配信

 【モスクワ時事】中央アジアの旧ソ連構成国、キルギスの大統領府は19日、アタムバエフ大統領(60)が国連総会出席のためニューヨークに向かう途中、立ち寄ったイスタンブールの空港で心臓の痛みを訴え、急きょ医師の診察を受けたと発表した。

 国連総会出席は取りやめるという。 

最終更新:9月20日(火)5時20分

時事通信