ここから本文です

<DVD&ブルーレイでーた>秋以降に公開の映画120本をピックアップ

まんたんウェブ 9月20日(火)20時47分配信

 20日に発売された「DVD&ブルーレイでーた」(KADOKAWA)2016年10月号(570円)で、2016年秋以降に公開される映画120本を紹介する「必ず観たい映画 最新報告120本」と題した特集が掲載されている。

【写真特集】スター・ウォーズの祭典にデス・トルーパーやストームトルーパーが登場

 特集では、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(ギャレス・エドワーズ監督、12月16日公開)や「沈黙-サイレンス-」(マーティン・スコセッシ監督、17年公開)、「聖の青春」(森義隆監督、11月19日公開)など、16年秋から17年中に公開予定の洋画・邦画120本をカテゴリー別に紹介。邦画のトレンド分析やアカデミー賞受賞作の予想なども掲載されている。

 ほかにも、10月21日に最新作が公開される人気SFシリーズ「スター・トレック」の魅力を分析する企画「『スター・トレック』が50年続いている理由」や、「少女」(三島有紀子監督、10月8日公開)に出演する本田翼さんのインタビューなども掲載されている。

最終更新:9月20日(火)20時47分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。