ここから本文です

藤枝大祭りへ屋台装飾 後部に町印「源氏車」の幕

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月20日(火)8時16分配信

 藤枝市で3年に1度開かれる藤枝大祭り(30日~10月2日)に参加する左車区は19日、同市本町の愛宕神社付近の倉庫で屋台の飾り付けを行った。住民ら約20人が参加。今年新調し、町名に由来する町印「源氏車」があしらわれた屋台後部の幕などを取り付けた。

 屋台後部の幕は縦2・7メートル、横8・1メートル。1980年に作った幕が老朽化したため作り直した。デザインは伝統のもえぎ、柿色、黒をベースに屋台後方用に大きな源氏車をあしらった。

 同区の屋台は大小四つの車輪がある御所車仕様で、昔ながらの幕引き屋台。御所車仕様は市内で同区と長楽寺区のみ。飽波神社での踊り奉納後、鳥居を通り抜けられるのは左車の屋台だけという。屋根部分の軒をたためて利便性を高めた。

 今後は音響や照明などを設置する。同区中老団長の塚本孝之さん(56)=本町=は「いよいよ本番が迫ってきた。準備は順調」と意気込みを語った。大祭りは旧東海道を中心に市内14町が参加して行われる。

静岡新聞社

最終更新:9月20日(火)8時16分

@S[アットエス] by 静岡新聞