ここから本文です

アザール、チェルシー指揮官コンテを信頼…一方で「ベンチにいる彼は時々クレイジー」

GOAL 9月20日(火)6時4分配信

チェルシーに所属するベルギー代表MFのエデン・アザールが、アントニオ・コンテ監督に対する信頼を口にした。クラブのオフィシャルTVで明かしている。

今夏、スタンフォード・ブリッジの指揮官に着任したコンテはプレミアリーグで開幕3連勝を達成した。同第5節のリヴァプール戦を落としてしまったことで勢いにストップがかけられてしまった感はあるものの、まずまずの滑り出しとなっている。

コンテは就任以降、選手との対話を大事にしてチームを構築してきたと、アザールは証言している。

「素晴らしい人だと思う。選手たちとの対話を大切にする人なんだ。たくさんの話をするし、彼と一緒に働けてうれしいよ」

「仕事に対して情熱を持っている人なんだ。彼はベンチで、僕たちはピッチですべてを出し尽くせるように努力しているんだ」

また、イタリア人指揮官が見せる“人間味”も選手の心をつかむ要因の一つになっているようだ。アザールは、「彼はトップレベルの監督だよ。人としてもね。ただ時々、おかしくなってしまうこともある。試合中は集中しているから分からないんだけど、あとで(テレビで)見てみると、ベンチにいる彼は時々クレイジーになってしまっているからね(笑)」と語り、熱すぎる指揮官の立ち振舞いをおかしく思ってしまうことがあると明かしている。

GOAL

最終更新:9月20日(火)6時4分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報