ここから本文です

バックスのアデトクンポ、4年総額100億円で契約更新

AFP=時事 9月20日(火)15時13分配信

【AFP=時事】米バスケットボール協会(NBA)、ミルウォーキー・バックス(Milwaukee Bucks)のヤニス・アデトクンポ(Giannis Antetokounmpo)が19日、4年総額1億ドル(約100億円)でチームとの契約更新に合意したことが明らかになった。

 米スポーツ専門チャンネルESPNなど複数の報道によれば、ギリシャ代表のアデトクンポは20日にもチームとの契約にサインする見通しであると伝えられている。

 2013年にドラフト全体15位指名でバックスに入団した21歳のアデトクンポは、キャリア3年目となった昨シーズン、計80試合の出場で1試合平均16.9得点、7.7リバウンド、4.3アシスト、1.4ブロックを記録する輝かしい活躍をみせ、サラリーキャップの上限ぎりぎりとなる年俸2500万ドル(約25億円)で合意に達した。

 ナイジェリア移民の両親を持ち、1994年にアテネ(Athens)で生まれたアデトクンポは、2007年にバスケットボールを始め、2009年までにはギリシャ2部リーグのフィラスリチコス(Filathlitikos)の下部組織で先発メンバーの座を射止めていた。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月20日(火)15時18分

AFP=時事