ここから本文です

濱田岳×西田敏行「釣りバカ日誌」がスペシャルドラマで復活!

映画.com 9/20(火) 19:30配信

 [映画.com ニュース] 濱田岳と西田敏行が共演したテレビ東京系ドラマ「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」が、スペシャルドラマ「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助(仮)」として復活することがわかった。現段階で放送時期は未定だが、濱田、西田、広瀬アリス、吹越満といったレギュラーキャストの続投は決定。さらに、今作ではドラマシリーズ初の地方ロケを敢行。三重・伊勢志摩が物語の舞台となる。

【フォトギャラリー】「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助(仮)」場面写真

 2015年10月に放送された連続ドラマ「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」は、累計発行部数2600万部を超える人気漫画「釣りバカ日誌」(作・やまさき十三、画・北見けんいち)を原作に、鈴木建設の新入社員・浜崎伝助(ハマちゃん)と社長の鈴木一之介(スーさん)の“釣りバカ”コンビの姿を描いた。88年12月~09年12月の約22年間にわたり続いた映画版で、ハマちゃんを演じた西田がスーさん役に挑戦したことが、大きな話題を呼んだ(映画版のスーさんは故三國連太郎さん)。

 今作で描くのは、鈴木建設に入社して1年が経ち、さらにマイペースになったハマちゃんが、出張で伊勢志摩を訪れたことから巻き起こす騒動。ハマちゃん役の濱田は「衣装合わせをして、実際に釣りバカが始まるんだと実感すると、やっぱり緊張しました。西田さんや三國さんたちが作り上げてきた世界観を改めて意識したということがあります。あとは、またしっかりふざけなきゃいけないなっていうプレッシャーでしょうね(笑)」と撮影を振り返る。

 さらに、ドラマシリーズ初の地方ロケを行ったため「連ドラ以上に大きなスケールでお届けします。僕自身、釣りバカの地方での釣りシーンは、一人のファンとしても楽しみにしていました」とアピール。また、ロケ先では「実際に撮影していると、すれ違う漁船の漁師さんが喜んでくれたりと、地元の方の応援がすごく嬉しかったです。改めて先輩たちが作りあげた釣りバカの力を実感した瞬間でもありました」と映画版から受け継がれる「釣りバカ」人気の高さを痛感したことを明かした。

 一方の西田は、頸椎(けいつい)亜脱臼により6月11日まで入院していたため「釣りバカの特番の話はあったのですが、入院中は、ケガのことを考えると撮影出来るのか不安でした」と胸中を吐露。だが、「入院中にハマちゃん(濱田)がお見舞いに来てくれたんです。元気をもらってね。釣りバカの撮影までには復活しなくちゃなという気持ちになりました。いまね、こうして釣りバカの現場に立っていられるというのがすごく嬉しいです。夢のようです」と濱田との“コンビ愛”を支えに、ケガを乗り切ったことを告白した。

最終更新:9/20(火) 19:30

映画.com