ここから本文です

人間国宝の表現力に魅了 福島で野村万作さんが狂言会

福島民報 9月20日(火)11時32分配信

 東北の伝統と歴史の技に触れる「野村万作ふくしま狂言会」は19日、福島市民家園内の旧広瀬座で開かれた。人間国宝の野村万作さんが緻密な表現の中に深い情感をたたえる芸を披露し、来場者を魅了した。
 旧広瀬座事業実行委員会と市教委の主催。約200人が来場した。狂言の歴史や特徴の話を聞いた後、野村さん演じる「隠狸(かくしだぬき)」の演目を鑑賞した。
 野村さんは主人に隠れて狸を捕っている太郎冠者(かじゃ)を演じた。主人と太郎冠者の絶妙な駆け引きに会場からは笑いが上がった。

福島民報社

最終更新:9月20日(火)13時7分

福島民報