ここから本文です

世界最古2万3000年前の釣り針、沖縄のサキタリ洞遺跡

AFP=時事 9月20日(火)16時10分配信

【AFP=時事】沖縄県のサキタリ洞(Sakitari Cave)遺跡で数年前に発見された釣り針が、世界最古となる約2万3000年前の釣り針だとする研究結果が出た。沖縄県立博物館・美術館(Okinawa Prefectural Museum and Art Museum)が19日、発表した。巻き貝から作られた釣り針は三日月形に加工されており、ブダイやウナギを釣るのに使われていたと考えられるという。この発見によって、これまで考えられていたよりもずっと昔から、沖縄周辺に釣りの技術が存在していたことが示された。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連写真3枚】世界最古の釣り針が発見された沖縄県のサキタリ洞遺跡

最終更新:9月20日(火)16時16分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。